Passer au contenu principal
 

サインの微分

或る関数 f (x)の導関数を求める式及びサインの足し算の公式を使います。

f (x) = sin xとしてサインの微分をします。

前のページでの極限の値も使います。

コサインの微分

サインとコサインの微分は上のようになります。憶え方としてはこのような図を思い浮かべます。

サインとコサインの微分は、下のグラフのようにずれていきます。交流の電気の、コンデンサーとコイルの電圧と電流の関係でこのようなグラフをよく使います。

他の四つの三角関数の導関数は次のようになります。

タンジェントの微分

セカントの微分、コタンジェントの微分、コセカントの微分。

サインの微分、コサインの微分、タンジェントの微分、コタンジェントの微分、セカントの微分、コセカントの微分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

© 2007 tokyomaths; All  rights reserved